DSC_9208
アルマイトのお問い合わせも最近多く頂いておりますので
ここで塗装とアルマイトのできるできないを書き出してみようと思います。
まず
・傷の修正
塗装はパテやサフェーサーでの修正が可能ですが
アルマイトでは研ぎ下ろして傷をなくすことしかできません。

・剥がれるか剥がれないか
塗装は剥がそうと思えば剥がれます。剥がれるというか割れるに近いです
アルマイトは電着で染色しているようなものなので剥がれはしないですが傷が入れば母材が見えてしまいます。

・色の豊富さ
圧倒的に塗装の方がカラーは豊富ですが独特の金属質感はアルマイトにしか出せません。
つや消しツヤありはどちらでも対応可能です。

・色分け
塗装は迷彩カラーなど対応可能ですがアルマイトは基本的にパーツごとに単色での対応になります。

・施工可能な素材
リールに限った話で言えば塗装はアルミ、チタン、ステンレス、樹脂素材、メッキ部品などほぼ全てのパーツに可能です。
そのまま塗っただけでは剥がれてしまうメッキパーツやステンレスも適宜下処理して塗装しますので簡単に剥がれることはありません。
一方、アルマイトはアルミにしか施工できません。

・納期
アルマイトの方が圧倒的に早いです(汗
塗装は現在リールですとご新規での作業の場合はお預かりまで半年〜1年お待ちいただく形になっております

といったところで
どちらもメリットデメリットがありますので
ご参考までにご検討いただければと思います。
よろしくお願いいたします

ディケイドワークス
〒507-0077 岐阜県多治見市幸町8-32-1
OPEN 14:00-CLOSE 20:00
定休日 不定休
CHECK IT!!! ディケイドワークスオンラインストア

Instagram

Thanks for reading to the end.
decadeworks-tajimi GIFU JAPAN
info=decadeworks@gmail.com
Please contact us